So-net無料ブログ作成
検索選択

ATH-SX1-MOEレビュー。 [ヘッドホン]

業界初の「大きなお友達必携!萌ニターヘッドホン」として、オーディオテクニカから
『ATH-SX1 Multimedia Organizer Edition』(通称SX1-MOE)が発売された。
・・・かなり苦しいなあ。
半年前くらいに、オーテクのPROAUDIOページでひっそりと抽選通販が行われたので
気付かなかった方も多いのではないだろうか。
今回は運良く当選して入手することができたので、以下にレビューしたいと思う。

元々モニター向けでありながら、リスニングに最適という変わったキャラのSX1。
ヴォーカルを聴くならこれが一番!という評価をそのままに、ならばいっそアニメ
声優CDなど、いわゆる「萌え系」に特化してしまえ、とばかりに開発されたのが
この『SX1-MOE』である、というのが公式サイトの売り文句。
(残念ながら通販終了と共にページは消滅)

パッケージは無印SX1と全く同じ、なんの飾りもない白い箱。
ただし、『SX1-MOE』の印刷と、今回の趣旨を記した簡易マニュアルが付属している点が
大きく違っている。
簡易マニュアルによれば
「本製品のコンセプトである『萌え』にちなみ、本体カラーに萌黄色を採用」
とあるが、正直これはいただけない。
シロウ、おなかがすきました。
ハウジング部分に「M.O.E」の印刷がされているのがお分かりいただけるだろうか。
(無印SX1は「Studio Monitor」と書かれている)
さらに今回の特別企画として、ハウジング上部に任意のキャラをレーザー印刷できる
オプションが用意されている。
今回はFateのPS2版発売にちなみ、へたれセイバーをリクエストした。
ただし、このオプションは本体価格と別に、版権元へのライセンス料として5000円の
別料金追加となる。
絵の再現性はちょっと微妙。他のユーザーはどんな絵を入れたのか気になるが、
思い切り趣味嗜好が表れる部分でもあり、晒してくれる人もいそうにないのが悲しい。

イヤーパッドは無印版でも好評なコラーゲン配合パッドに加え、
「ぷにキャラのほっぺを再現してみました」(簡易マニュアルより)
という、ジェル内蔵のぷにぷにバージョンへとグレードアップ。
ジェル使用のイヤパッドといえば、その昔BOSEから出ていた初代ノイズキャンセル型が
採用していた程度しか記憶にないが、これはかなり斬新なアイディアだろう。
とはいえ、ジェル使用といえば最近はあんなマウスパッドこんなマウスパッド
連想されるので、本当に「ほっぺ」を意識しているのかどうかは限りなく怪しい。
ついつい夢中になって弄っていると、突然破れてしまうこともあるので注意したい。

とりあえず5時間ほどエージングしてみての感想としては、良くも悪くもオーテクの
鳴り方で、あまり無印版との違いが判らなかった。
ただ、これはヲレがついうっかり普通のJ-POPで試聴してしまったのが原因。
簡易マニュアルにある「今更見栄を張らないで下さい」の言葉に従って、ソフトを
『ハレ晴レユカイ』に交換、再度試聴。
・・・すごい!まるであのEDダンスが目の前で繰り広げられているかのような臨場感。
キャラクターソングを聴いてみれば、まさにキャラの口パクが見えるかのよう。
音源までもが京アニクオリティの水準に引き上げられてしまう印象。
低音部がほとんど出ないのはSX1譲りだが、このヘッドホンでまさか玄田哲章ヴォイスや
小林清志ヴォイスを聴きたいという人もいないと思われるので、全く問題なし。
高域の伸びはSX1以上で、どんなロリキャラの声も破綻なく再現してくれる。
アニメDVDの視聴にこれほど適したヘッドホンも、そうないだろう。

敢えて難点を挙げるとすれば、男性声優の声には目もくれないその姿勢だろうか。
なにせ「萌え」が感じられない音は、ほとんど聴き取れないレベルまで落とされる。
そのため、話によってはストーリーが完全に成立しないアニメも存在するが、
そこは絵とおねーちゃんキャラと思い込みでカバーしろ、という方針なのだろう。
そもそも普通に観たけりゃ普通のヘッドホンを使えばいいのである。
更に、用途が完全限定されているので、どんなジャンルの音楽を聴いているのかが
一発でバレバレな点にも注意したい。
ただ、この製品を外で使おうと考えた時点で「何か」を捨て去っている可能性も
否定できないので、その辺りは自己責任というやつだろうか。
一歩間違えばご乱行とも取られかねない製品を生み出した、オーテクの勇気に乾杯。

結論として、必ずしも万人にお勧めできるようなシロモノではないことは確か。
だがしかし、盆暮れに親戚付き合いも放棄して有明に結集するような方々には
まさに代替の利かない1本になるだろう。
久々に『かみちゅ!』全話を観直そうか、そんな気にさせてくれるヘッドホンである。










まあお分かりでしょうが、本日は4月1日です。悪しからず:-)


nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 6

たぬき

MOEおもしろすぎですwww。
ちょっとツボに入ってしまいました。
しかも途中まで少しだけ信じちゃいました。

でも、本当に発売して欲しいなぁ、このコンセプト。
ここまで特化したヘッドホン、たまにはあっても良いのに・・・。
by たぬき (2007-04-01 23:28) 

しゃけ

>>たぬきさん
良かった・・・気づいてくれた人がいたヨ・・・(;´д⊂
まああの、ついカッとなってや(ry
しかしレビュー書くのって難しいですね。嘘レビューでこれなんだから、
実在するヘッドホンでやったら書くのに3日はかかるなコリャ。
他にも「聴けば聴くほどガックリな音質 悪夢の限定生産『ATH-A900 OTL』」とか、
「グループ企業JBLの”エベレスト”をそのままユニットに採用した超ド級開放型HP!
PhileWebのHPショー記事でも話題の『AKG K10000』」とか思いつきは
したんですけど、作るの大変そうだったので止めました(w
by しゃけ (2007-04-03 22:50) 

たぬき

いやぁ、もう、個人的には最高におもしろかった!
A900OTLもなかなかおもしろそうですねー。

確かにレビューって難しいですよね・・・。
きちんと書ける方、素直に尊敬です。
でも、嘘レビューの方が難しい気がしますよー。
by たぬき (2007-04-04 00:23) 

しゃけ

>>たぬきさん
あれ?ヲレってば嘘レビューの方がスラスラ書けますヨ(^^;)。
じゃあA900OTLレビュー、近日公開?<いらないっての

しかし気付くとこんなバカなもの書いてるのヲレくらいのようで・・・。
うーん、もうちょっとまじめにやろう。<それが嘘じゃないのかヲレ
by しゃけ (2007-04-06 00:43) 

NO NAME

モニターヘッドフォンでこのネタをやるか・・・
by NO NAME (2009-05-06 21:59) 

しゃけ

>>NO NAMEさん
古いエントリですが見ていただけたようで、ありがとうございます。
なんでコレでやろうと思ったんですかね?(w
多分ちょうど写真があったからとかそんなんだと思います・・・。
あ、でもSX1は好きなヘッドホンですよ<一応フォローのつもり
by しゃけ (2009-05-06 22:27) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。