So-net無料ブログ作成
検索選択

その名はSONOMAX。 [ヘッドホン]

カスタムイヤホン。
イヤホン・ヘッドホンの道に足を突っ込んでいる人間なら一度は憧れようというもの。
とはいえ、そこそこスペックにこだわるとそのお値段はなかなか手を出し難い。
海外では低価格でカスタムIEMが作れるプランドがいくつかあるようですが、
その手続きはというと、国内の耳鼻科等で耳型(インプレッション)を取る、
それをカスタムメーカーに送る、しばらく待つとカスタムIEMが届く、と
結構時間と手間がかかるので敷居が高い感じがします。少なくともヲレは。
そこで「どうせ耳型取るならそれに穴あけてユニット入れれば良くね?」と
いう感じのノリで作れてしまうのがこのSONOMAX SOUNDCAGE PCS500
pcs500.jpg
本来は神戸の会社なのですが、定期的に東京に来ては出張制作を行っているので
今回はそれを利用して作ってきました。ついにカスタムに手を出したよ・・・。

制作の流れはいたってシンプル。
まず簡単なアンケートと「作業中何があってもガタガタ言わない」という
誓約書を書いて、希望する製品(耳栓、シングルBA型のPCS300、デュアルBA型の
PCS500のいずれか)を選択します。適当な耳型ながらPCS300、500とも試聴は可能。
制作担当は国内代理店の代表取締役氏が自ら一人でフル回転で担当。
以前、アシスタントをつけてみたところどうしてもクオリティが落ちるので、
今は一人でやっているそうで。
その後、椅子に座った状態でユーザーの耳の中を点検、異常がないか確かめて
問題がなければ制作開始。
シェルの色をブルー、グレー、ティント(半透明オレンジ)から選択。
今回ヲレはティントを選びました。
選んだシェルのベース(膨らませる前のヨーヨーみたいなもの)に穴が開いて
いないか確認し、それを耳に突っ込んであとはひたすらシリコンを注入。
グルーガンのようなものでがっしょんがっしょん入れていきます。
ある程度の量が入ったらタイマーできっちり2分待ち、耳から外したら発音体の
ユニットをぐいっと押し込んで、はい完成。
両耳合わせて10分もかからないくらいでカスタムIEMの出来上がり。
厳密に言うと、ユニットから先はすでに出来上がっているものを使うので、
カスタムIEMというよりカスタムイヤチップに近いのかも知れません。
その後は念のため音に異常がないか確認して、代金支払っておしまい。
ただ、なにぶん代表取締役氏(というかおっちゃん)が一人でやっているので、
どちらかというとその手が空くのを待つ時間の方がかかります。

えらく短時間で出来てしまうので、シェルの耐久性等が気になるところですが、
代表取締役氏に4年ほど使っているという同一素材の耳栓を見せてもらったところ、
特にその心配はなさそうです。ちなみに皮脂なども染み込まないとのこと。
ただ、上記の通り家内制手工業状態なので、仕上げ的なところはわりとアバウト。
写真をよく見るとわかりますが、シェルとユニットの間に結構な隙間があったり。
(隙間は固定用ダボの部分だけで、発音体との間はきっちり密着してるので問題なし)

ケーブルはオーテクでお馴染みのエラストマー皮膜かと思います。
絡み難いのはいいけど、タッチノイズがかなり気になるレベルです。
ケーブルの硬さと、ユニットから出ている部分が固定化されていることもあり、
耳の後ろにぐるっと回す所謂「Shure掛け」は不可能です。
一応タッチノイズ対策に、小さな洗濯バサミみたいなのがケーブルについてます。
(ヲレは邪魔ですぐ外しましたが)

音については、まだ鳴らし始めてそれほど経っていない状態であることを前提として。
(iPod Classic + CORDA MOVEで聴いての感想)
ほぼ同価格帯のIE-40と比較すると、音の抜けと中域~高域の鳴りはかなりのもの。
シンバルやハイハットはキツいとはいかないまでも、結構刺さり気味。
IE-40(10Pro)にある籠もり感はPCS500では皆無。
ただし、その分低域の量はかなり少なめ。ベースとかドラムとかが好きな人は
結構不満に感じるかも知れません。
質としてはタイトな感じで、決して低音がないわけじゃないんだけど。
この辺り、ヘッドホンでいうHD650とK701の関係に近いかも知れません。
ヴォーカル域に関してはIE-40が高域と低域の間に埋もれがちなのに対して、
PCS500でははっきりと聴き取りやすく鳴らしてくれます。
音場はPCS500の方が広め。
一応、iPod Classic単体でも聴いてみましたが、このクラスのイヤホンの例に漏れず、
音が潰れ気味で非常に軽い感じでした。やっぱりPHPAは必須だね。

装着感については、これはもう自分の耳穴の形そのままな訳で合わないはずもなく。
ただ、いかにカスタムとはいえ「つけていることを忘れるほどの自然な装着感」とか
「何時間でもつけていられる」とか、そんなことはないような気がします。
やっぱりある程度の圧迫感はあるし、2、3時間もすれば多少の痛みもあるようです。
この辺は個人差もあるとは思うけど。
音漏れはほとんどなし。
遮音性はほどほどで、それほど高いというものではありません。
音を出していない状態なら、むしろコンプライチップの方が遮音性が高いかと。
これはPCS500が元々騒音下で使用する耳栓を元にしており、警報等の必要最低限の
音は聞こえるように設定されていることが関係しているのではないかと思います。
もちろん音さえ出してしまえば、周りの音はほとんど気にならなくはなりますが。
付属品は写真のミニポーチと、Shureについてきたのを2周りくらい小さくしたような
ハードケース。

お値段42000円(税込)というのは決して安いものではないですが、カスタムIEMと
いうくくりで、しかも国内であっという間に出来上がることを考えるとそれほど
高いというわけでもないかなあ、と。
まあカスタムなんてところまでいってしまうような人に、コストパフォーマンスが
どうとかいう話をしても仕方ない訳で。
なにより「正真正銘俺専用」という点の方がよほど重いような気もします、ハイ。

購入検討中の方、次回の東京制作はちょっと先の9月とのことです。
サイトで事前予約をお忘れなく。
なにせおっちゃんが一人でてんてこ舞いしながら制作、問い合わせ対応、会計と
こなしているので、飛び込みで行くとかなり待つと思います。
ヲレは予約で最初の方に入れてもらいましたが、あっという間に6人ほどの
待ちが発生しました。でもアンケート書くとやることないのよね。
実は今年中にトリプルドライバーのPCS700なる製品が出るという情報もあったので、
そのことを代表取締役氏に尋ねたところ、
「音のバランス取りが難しいようで全然進んでない。しつこく問い合わせてたら
返事もこなくなっちゃった」
とのこと。
PCS700待ちの方はご注意を。

あ、一応下位機種のPCS300も試聴しましたが、耳型が合わないことを考慮しても
アレは正直、音楽を聴くためのモノではないような・・・。
(実際、ステージモニターとしての需要がメインだとか)
そう考えると、同じシングルBAの3StudioとかER-6iとかって良く出来てるなあ。
こっちも検討してる方がいたらご注意を。
タグ:PCS500
コメント(10)  トラックバック(0) 

コメント 10

HIRO

カスタムktkr!!
PCS500は自分も気になっていたのでとても参考になります。
本社がサクッといける距離なのでそのうち作ってやろうと考えてましたw
海外までの往復費用とか、型取り料を考えれば安いですし。

PCS700の話は・・・(ノ∀`)アチャーですねww
by HIRO (2008-07-28 09:37) 

はやし

しゃけさん、この前はありがとうございました。
思いっきり活用させてもらっています。

なかなか良さそうですね。
今はウォークマン純正で聞いていて少し不満があり
何か買おうかなと悩んでいました。
5proをずいぶん前に中古で買ったのですが、
ボーカルがうまく出なくて使っていません。
ヘッドホンアンプを買えばいいのかもしれませんが・・・

個人輸入でゼンハイザーのIE7を狙っていたのですが、
発売延期で水を差された感があります。
(何かあったときの対応は、自分の英語力では無理というのもあります)
by はやし (2008-07-28 09:49) 

Chris

今年はカスタムを買おう買おうと思って随分経ってしまいました。
今は随分選択肢が増えましたねぇ。
う~ん、どうしようかなぁ(´・ω・`)
by Chris (2008-07-28 10:56) 

yukky

え!?神戸の会社なんですか!?(←今神戸です)
ん..この暑い時期、カスタムは
スゴい魅力的な選択肢ですね。。
日本のカスタムファンのために頑張れ!おっちゃん!!

トリプルドライバーのPCS700も興味ありありですね。。

by yukky (2008-07-28 12:20) 

たつを

これ、ちょっと気になってました。
やっぱりこれ、高音よりなんですか。

それにしても、Chrisさんの言うとおり、
ここ最近、高級イヤホンの種類の増え方が尋常じゃ無いですね。
そろそろER-6じゃぁ物足りなくなってっきてまして・・・どーしよーって感じです(^^;

by たつを (2008-07-28 16:36) 

benoit

はじめまして、benoitと申します。
カスタムIMEうらやましいですねぇ。
僕もカナルスキーなので、いつかはカスタムIMEに挑戦してみたいです。
できれば、(嫁さんの目を盗んで)センサフォニクスで作ってみたいんですけど、なかなか監視の目が厳しくて、先の話になりそうです。

ではでは
by benoit (2008-07-28 23:40) 

しゃけ

>>HIROさん

本社だと設備もちゃんと整っているので、もう少しおっちゃんも
落ち着いて作ってくれると思います(w
耳栓は本来、作成後に測定機器を使ってチェックするようですが
出張作成では機器を持ってこれないので省略されてました。
(イヤホンでも測定するのかは不明)

700については出た時に考えるということで(^^;)。
Weston3じゃないですが、マルチウェイドライバの音作りは
やはり難しいんでしょうね。

>>はやしさん
その節はどうも。
お役に立てているようで安心しました。
MS-PROで是非ガンガン聴き倒して下さいね。

5Proでヴォーカルが出てきませんか?
音のバランスとしてはその辺10Proよりも優れているという印象でしたけど・・・。
(10ProやIE-40では高域・低域にマスクされて引っ込んだ感じがします)
仰る通り、PHPAを使った方がしっかり実力を発揮してくれると思います。
今ならエアリーでちょっとしたセールやってますよ?
何かあっても日本語で文句言えます。ヲレのように(w
XXS(HEADSIX)はちょっと高いですが、2MOVEはかなりお得な気がします。
硬質でクールな音ですが、個人的にはお勧めです。

>>Chrisさん
大丈夫、まだ今年は5ヶ月も残ってるヨ!

電車でのこのこ行って、帰りには聴きながら来れるというお手軽感は
今のところココだけのウリかと(w
やっぱり海外発注はそれなりに手間だし、リスクもありますからねー。

長いのでここで一区切り。
by しゃけ (2008-07-29 00:13) 

しゃけ

>>yukkyさん
まあ神戸といっても広いとは思うんですが(土地勘ナシ)、お近くなら
試聴に行かれても面白いかと思います。
一番面白いのは誰か作ってる様子を見ることなんですけどね。

単純に考えて、700が出たとしたらおそらく50000円超えでしょうね。
個人的には純然たるデュアルドライバのBA型を持ってなかったので、
それが今回500に決めた要因の一つでもありました。

>>たつをさん
そうですね、低域の弱さもあってかなり高音寄りだと思います。
試聴機は耳型が会わないので密閉性が薄く、なおさら低音が逃げていたので
ちょっとだけ不安になりながら作りました(w

「ドライバが多きゃいいってもんじゃない」とはおっちゃんも言っていた
言葉ですが、やっぱり上位機種聴いちゃうとシングルBAでは物足りなさが
出てくるってのが人情です。
でもたまに振り返って聴いてみると、シングルはシングルで良いんだよね。
その辺がヘッドホン・イヤホンの面白さってコトですかね。

>>benoitさん
どうもはじめまして。とはいえいろんな方へのコメントやご本人のブログは
拝見しております。今後ともよろしくお願いします。
特にChrisさんとbenoitさんのお名前が並ぶと、ちょっと感じ入るものが
ありまして・・・プロレス好きなものでハイ。

幸か不幸か、監視の目を気にする必要がないのでやってしまいましたorz
センサフォニクスですか・・・そりゃ隠れて作ってバレたら大変ですね。
(その点、PCS500ならその半分のご予算で・・・ってそうじゃないですね)
偉そうなことを言えた立場ではありませんが、まずは家内安全でお願いします(^^;)。
by しゃけ (2008-07-29 00:14) 

benoit

うっ、いきなりトラウマをえぐられましたorz
僕のハンドルはしゃけさんの想像通りChris Benoitから取っているのですが、例の事件がトラウマとなって現在はWWEを見ておりません。
…というか、ダメージが大きすぎて見られません。
ペガサス・キッドの頃からのファンだったので、エディの事も含めて、あの二人のいないプロレスは寂しすぎます。
小橋の腎臓癌も含めて、なんで良いレスラーに限って…

えー、個人的なトラウマの話はこの辺にして、勝手ながらリンクを張らせていただきましたので、これからもよろしくお願いします。

ではでは
by benoit (2008-07-29 10:07) 

しゃけ

>>benoitさん
それは失礼しました。
ただ、彼はWWEという番組上は「消された存在」となってしまいましたが、
今もリングに立っているスーパースター達は、彼の分も頑張っていますよ。
そのうち気が向くことがあれば、是非彼らの活躍を見てみて下さい。

リンクの件はありがとうございます。
ちょっとアレなブログで申し訳ありませんが、よろしくお願いします。
by しゃけ (2008-07-29 22:12) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。