So-net無料ブログ作成
検索選択

DAP昔話。 [瑣末事]

先日、ある会話の中で唐突に思い出したので。
mpman.jpg
えー新しく届いたポータブルヘッドホンアンプ、ではありません。
世界初のMP3プレイヤー、『SAEHAN mpman』64MBです。GBじゃなくてMBです。
日本で発売されたのは1998年5月頃、この64MBモデルで59800円(32MB版は39800円)。
(自分が買ったのはそれから半年後のことで、流石に多少値段が下がってました)
発売当時の様子がAKIBA PC Hotlineの記事に残っていますが、この記事からも
わかる通り当時はまだまだMP3フォーマット自体が一般的でなく、どちらかというと
アンダーグラウンド的な見方をされていました。
ちなみに、今や世界中で圧倒的シェアを誇るiPodが登場したのは3年後の2001年10月。
Windowsユーザーに限って言えば、まともに使えるようになったのは2003年にようやく
Win版iTunesがリリースされてからのことになります。

しかし、長いこと埃をかぶったまま放置してたので経年劣化が激しい・・・
表面加工が溶けてベタベタになってました。元々はマットブラック仕様だったのに。
こんなところにも、10年という歳月の重さを感じます。

前述の通り、このmpmanのメモリ容量は64MBでした。
後継機種にはスマートメディアなどの増設スロットがついたものもありましたが、
この初代機種に関してはそんなものはありません。
今でこそロスレスだのwavでリッピングだの言ってますが、それだと1曲も入らない。
(そもそも転送元となるPCのHDD自体、まだ4GBが主流の時代でしたが)
128kbpsでリッピングして、なんとか64MBにアルバム1枚分の曲を収めてましたねえ。
当時はメモリチップもまだまだ高価だったので、後続のプレイヤーでも大半は64MB、
多くて128MB程度のメモリしか積んでいませんでした。
使い方も既存の携帯プレイヤーの延長線上で考えていたので、中に入れるデータは
使う度に入れ替えるというのが当たり前。持ってるCD全部、なんて夢のまた夢。
対応フォーマットはmp3のみ。対応ビットレートも320kbpsくらいまでだった記憶が。

mpman_ipod.jpg
iPod Classicと比べるとこんな感じです。厚みもだいたい同じ。
操作ボタンは天板に配置、HOLDスイッチとバスブーストスイッチは左側面。
底面には充電池の蓋と接続用端子。背面には何もありません。
本体上部の液晶は電池残量、リピート・シャッフル表示、ボリューム表示くらいで
あとはトラック番号と再生時間を示す7セグ表示しかなく、当然タグ情報なんてものは
見ることができませんでした。
まさか10年後には、タグ情報表示どころか音声で読み上げるプレイヤーまで出るとは。

mpman_dock.jpg
立派なことに、標準でクレイドルが付属していました。
PCとの接続はパラレル(プリンタ)ポート。今では搭載していないPCの方が多い規格。
USBそのものは当時も一応ありましたが、全然普及していない時期でした。
充電もこのクレイドルから行います(ACアダプタ使用)。
バッテリーはガム型充電池2枚。それでも再生は2時間持ったかどうか。
PCからの転送時間もかなり長く、まあのんきな時代でした。

音はというと・・・残念ながら長いこと電池を入れっ放しにしていたため、電極が
腐食してしまい使うことができません。
仮に動いたとしても、ドライバもないので曲データを入れることもできませんけどね。
記憶ではそれほど極端な音作りはしていなかったと思います。
バスブーストもそんなに強力に効くものではなかったし。
そういえばフル充電してから再生すると、しばらくの間再生速度が明らかに速いという
妙な現象が起きる機器でもありました。
これは感覚的なものではなく、実際にmpmanとCDプレイヤーとで同時に曲を再生して
実際に確かめたりしたんですが、やっぱり1.2倍速程度で再生されていました。
これは個体差だったのかなあ。
この頃繋いでいたのは主にソニーのイヤホン、MDR-E565やビクターのBe!あたりだった
記憶があります。
1万円オーバーのイヤホンなんてとんでもない。ましてやPHPAなど使ってみるどころか
存在すら知らない、そんな時代でした。
(なお、1万円オーバーのイヤホン自体は20年前にはもう発売されていましたが、
当時はまだ普通の感覚を持っていたのか手を出そうなどという気がありませんでした。
PHPAはどうなんだろ?もう作られてはいたのかな?)

コレを買うまではポータブルMD、その前にはポータブルCDやカセットプレイヤー
(ヘッドホンステレオなんて言い方もしてました)を使っていましたが、メディアの
交換が不要で小型軽量のmpmanはそれらよりも明らかに使用頻度が高くなりました。
何よりも「こんなの使ってるの自分くらいだ」という自己満足が一番大きかったかも。
結局このmpmanは1年半ほど使い続け、その頃には各メーカーからもいろいろな
MP3プレイヤーが出てきたことやPCのOSに対応したドライバが出なくなったこと、
USBインタフェースが一般化してきたことなどから別のプレイヤーに買い換えて、
このmpmanもお役御免となりました。
SAEHAN以外にもRio、iriver、Mpioといった海外メーカーを中心に多くの製品が登場し、
この時期がDAP市場に一番活気があって、面白かった頃だと思います。
国内メーカーが市場参入に消極的だったので、尚更そう見えたのかも知れません。
その後いくつかプレイヤーを変えた後、第3世代を迎えたiPodにたどり着きましたが、
まだWin版iTunesが登場する前だったので曲の転送ひとつとっても大変でした。
しばらくしてWin版iTunesが配布され、その翌年iPod miniが発表されたりした頃には
DAP市場はiPodがほぼ一人勝ち状態となったことは皆さんご存じの通り。
上述の海外メーカーもある会社はDAP市場から撤退、またある会社は存在自体が消えて
しまったりという具合で、今も残っているのはiriverやiAudioくらいでしょうか。
世界初のMP3プレイヤーであるmpmanを生み出したSAEHANも例外でなく、2004年に倒産、
mpmanというブランド名だけが別の会社によって今も細々と継続しているようです。

と、たった10年ほど前のことを思い出してみても、いろんなコトが変わっています。
それはもう当時からすれば想像もできないくらいに。
多分、「あと10年もしたらコレより100倍すげえ製品ができるんだろうなあ」くらいは
ぼんやり考えたと思うんですよ。
でも実際には100倍どころか2560倍の容量を持ったDAPが手元にある訳で。
また5年後、10年後にはやっぱり今の時点では想像できないような変化が起こって
いるんでしょうか。
それでもってまたこんな風に当時を振り返りながら、音楽を聴いているのかな?
コメント(5)  トラックバック(0) 

コメント 5

benoit

僕が初めて買ったDAPは初代iPodだったような気がします。
もちろん、その頃は1万円以上のヘッドホンなんか考えてもいませんでした。
その後は、うっかりSHUREに手を出してしまってからは、あれよあれよという間に、何故かE9黒龍XLRを個人輸入している自分がいましたorz
ああ、あの頃のキレイなカラダに戻りたい。
…本日、某DACが届きました。スピーカ持ってないのに某DACを買う人って、どのくらいいるんだろう?
by benoit (2009-03-25 19:01) 

しゃけ

>>benoitさん
iPod登場は確か深夜TVで見て知りました。
HDD搭載機がポケットサイズになったのを見て「うわコレ欲しい!」と
思ったものの当然のようにMac専用でションボリした記憶がありますね。

>スピーカ持ってないのに某DACを買う人
ヲレの知る限りではARKさんがそうでした。今はスピーカーにも手を染めた
みたいですけど(w
トラポもペアの奴買っちゃいなよ!って何度も勧めたんですが、これだけは
なぜかウンと言わないんですよね・・・。
by しゃけ (2009-03-26 00:45) 

benoit

ARKさんも、お持ちでしたね。
そういえば、ヘッドホン祭りでARKさんにE7を聴かせてもらったのが、E9を買うキッカケになったんだよなぁ…
by benoit (2009-03-26 20:29) 

Chris

私はMDからiPodにいきました。
初期のitunesはWindows版に対応してなくて
MusicBoxとかいう使えないソフトを使ってましたねぇ。
by Chris (2009-03-26 22:17) 

しゃけ

>>benoitさん
どうやら無事DACも到着したようで(w
アレにはやはりペアのトラポ、そして専用のラックが非常に似合うと
思うんですがいかがでしょうか?

e7は同じくARKさんに初めて聴かせてもらったんですが、その時は
iPod+PHPA環境だったにも関わらずe9との大きな差を見せつけられ
愕然としました。アレはマジ別格です。

>>Chrisさん
MusicMatch JukeBoxですね。アレは酷かったなあ・・・。
まずマトモな転送方法をどこにも説明してませんでしたからね(w

ウチはそれに加えて、当時のPCについていたIEEE1394との相性が悪く、
5,6曲転送する度にソフトがiPodを見失ってました。
増設ボード買ったり、有志開発のフリーソフト入れたりでなんとか使えるように
してたもんです。
iTunesのWin版が出た時には、その親和性に驚きました。
by しゃけ (2009-03-26 23:52) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。