So-net無料ブログ作成

第一人者の新たな挑戦。【FitEar MH334】 [ヘッドホン]

こちらも入手からだいぶ経ってしまったのですが(^^;)。
fitear_mh334.jpg
FitEarの新製品、MH334です。
発売は前回のヘッドホン祭からだったのでやっぱり5ヶ月ほど前ですね。
その間は暑さもあって、外ではほとんどこのMH334で音楽を聴いていました。
そのあたりの感想を、前回のPrivate 333との比較を含めて。

今回のMH334は、仕様的には「3ウェイ・3ユニット・4ドライバー」と
いうことになります。
これはFitEar製品の型番に共通のネーミングですね。
(ユニット数とドライバー数が一致していないのは、1つのユニットに
複数のドライバーを組み込んだものがあるためです)
4つのドライバー構成は低域×1、中低域×2、高域×1。
ちなみにカスタムイヤホンのお約束である耳型については、前回の333で
すでに須山歯研さんに保存されていたので今回は採っていません。
実際のフィッティングに関しても333同様、まったく問題なしでした。
カラーはクリアを指定。仕上がりの美しさは流石です。

音については、先に書いたドライバ構成から想像できるかも知れませんが
これまでのFitEar製品(とはいえ333以外は試聴機でしか聴いたことないけど)に
比べて、かなり中低域が出てくる感じです。
333との比較でいえば、更に低域がプラスされる感じ。
(これも333で搭載していなかった低域用ドライバーの存在が大きいのかも)
実は以前から333を使って感じていたのが
「音の密度感がもうちょっと欲しい」
という点でした。
前回のエントリでも触れていますが、333は若干高域寄りでなおかつ音場も
少し広め。定位もしっかり感じられるのでこれはこれで良いところもあります。
ただ、例えばベースやドラムがずんずんバシバシくるような曲を聴く場合、
ちょっと低域が軽く、乾いて聴こえてしまう印象がありました。
それがMH334では見事に解消。カスタム特有の密閉感に加えて中低域を中心に
厚みが増した感じで、しっかりと重い低音が味わえます。
反面、音場としては頭の中に集中してあまり広さは感じません。
耳の外には音が出ていかないイメージですね。
そういう意味でこの2機種、どちらが上位であるとかいう関係ではなく
完全に好みで選ぶことのできる関係だと思います。
つまりは使い分けも充分可能なので、結果どちらも選んでしまう可能性も
持っている訳なんですが…。
鳴らしやすさはこれまた333同様、iPhone等のプレイヤー直刺しでも問題なし。
ただ、MH334ではアンプを通した方が低域の質感が上がるようです。

取り回しについては、最初手にした時ちょっと驚くかも知れません。
なにしろケーブルが硬い。ケーブルというよりむしろワイヤーと呼びたい。
最初のうちは耳にかけた部分がびよーんと飛び出してしまうくらいでした。
これは使っていくに従い馴染んできましたが、全体的には硬めであることは
変わらないので、いわゆるタッチノイズが他のケーブルより多めかも。
スライダーをきっちり上げて、できるだけ身体に固定した方が良いですね。
Y字の分岐部は長めになっているので、装着はしやすくなっています。
(333標準ケーブルより7cmくらい長い)
このケーブルについては、これまでのもの以上に手が込んでいるとのことで、
今のところ単品販売されていないようです。
なんとなく音質的にも良い印象があるので、できれば333にも使ってみたいなあと
思っているんですが…w
シェル本体の出来といい、フィッティングの素晴らしさといい文句なしなのは
前回とまったく同じ。
FitEarの特徴のひとつである「シェル下部の切り欠き」ももちろんあるので、
いざという時も爪を引っかけるだけで簡単に取り外し可能です。
(これは電車内での不意のアナウンスなどでその便利さをすごく実感します)

今回のMH334、開発にビクターのマスタリングエンジニア氏を迎えて音決めを
行ったそうです。
それもあってか、これまでのFitEarの方向性とはまた違った製品になっている
ような気がします。
具体的にいうと、333やC435などの従来品はどちらかというとモニタリングに
適しているような音でしたが、それがぐっとリスニング用に向いた印象。
今までのFitEarのイメージが頭にある人には、結構新鮮に聴こえるんじゃ
ないかなあと思います。
型番も新しくなっている理由も、その辺にあるのかも知れないなあと。
ただひとつ困るのは、この価格帯でこうも音の方向性が異なるラインナップが
続々と出てくると、ユーザーとしては資金がいくらあっても足りないぞ、という
かなり現実的かつシビアな問題に直面することでしょうかね(^^;)。
コメント(4)  トラックバック(0) 

コメント 4

sakura

結構前の購入ということですが、改めておめでとうございますー!

それにしても文章をまとめるのが上手ですね。
とても読みやすいです。

やはりカスタムはかっこいいですな!
by sakura (2011-10-05 21:15) 

しゃけ

>>sakuraさん
ありがとうございます。
そうなんです、ここ最近はTwitterで書くとそれでもういいかー、
みたいな感じになってしまって・・・(^^;)
でもワンテーマでこれくらいの文章書くというのも面白いので、
これからはもうちょいこっちも更新していきたいですね。

カスタムは無機物なのに耳の形をしている有機物的な要素もあって
眺めていても飽きませんねえw
いろんな色で並べてみたい・・・
by しゃけ (2011-10-06 01:01) 

たけ

今頃更新に気付いたたけです。
自分もこの夏の主力は334でした。

須山カスタムはもう少し色を増やしてほしい所だったりりします。
後黄色とそれぞれの混色があれば更に良いと思うのですが。
(自分は435が赤青、334も赤青ですがプレートは逆配色)

今A867と併せて使ってみている所です。
by たけ (2011-10-08 13:33) 

しゃけ

>>たけさん
いやー、本人も忘れた頃に更新してるので(^^;)。

色については海外メーカー勢が幅広く対応している分、
ちょっと寂しいところではありますね。
ただ、逆に質実剛健っぽくて良いかなあという気もw
社長さんのツイート見てるとまたなにやら考えているみたいですね。
by しゃけ (2011-10-09 01:24) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。