So-net無料ブログ作成
検索選択
DENON DCD-CX3 ブログトップ

購入から3年経って。 [DENON DCD-CX3]

話は昨日に遡って。

以前からヘッドホン関連の記事には定評のあるAudioBasic誌。
その最新号が発売されたので、早速買ってきました。
しかも今回は10/31に開催された『秋のヘッドフォン祭』他、ハイエンドヘッドホンの
紹介記事を『Music To Go!』のささきさんが書かれているというサプライズつき。
内容に関してはヘッドホンアンプ、リケーブル、バランス化、果ては平面駆動までと
非常に突っ込んだ話になっています。これはささきさんにしか書けない記事ですね。
今回のAB誌、ヘッドホン好きであれば読んでおくべき1冊だと思います。

で、AB誌は基本的に毎号、高音質で収録されたオリジナルCDが付いてきます。
これもまた毎号楽しみにしているものなんですが、さて今回のCDはどんな内容かな?
とCDプレイヤーの電源を入れてイジェクトボタンを押すと・・・トレイが出てこない。

・・・なんで?


そして足場はこんな感じ。 [DENON DCD-CX3]

DCD-CX3の予約特典オーディオボードが再度到着。
早速開けてみると「インド黒」の文字が示すとおり、今度はれっきとした黒御影石。
オマケとはいえ、買えば3000~4000円はする品。結構デノンも頑張ってるなあ。
さらに早速セット。ホントはあり・なしの違いとかがわかるようなら面白いんだけど、
まだまだDCD-CX3の音が耳に馴染んでいないので、その辺りは見切り発車で。
フラッシュ反射が厳しい・・・。
DCD-CX3の前足を外して、TAOCのインシュレーターTITE-25PINを使用。
下が御影石なのでスパイク受けは使わずにピン直受け。
こっちもホントはインシュレーターの配置を変えてみたりとかできれば、なんだけど
なにせ底面に出っ張りがあるわスリットは開いてるわで、前2後1でしか使えず。
それにしてもこのボード、体重計に乗せてみたら7kgと、プレイヤーと同じ重量。
計14kg以上がウチの貧弱なラック(というかPCデスクの天板)に乗るこのドキドキ感。
さて、設置についてはひとまずここまでにしておこう。
次は電源ケーブルをなんとかしたいところだなあ。できればレーマンBCLのも一緒に。


まあ普通に対応するよねデノン。 [DENON DCD-CX3]

昨日の御影石ボードについて、購入店に電話。
デノン側に確認してみる、とのことで折り返し連絡をもらう。
結果としては「手違いのようです、週末に黒のを送ります」とのこと。
こっちのピンクはその際、交換する形となる。
しかし、配送業者の人も大変だよなあ。
こんな重い石板運ばされた上に、また持ち帰らされることになるんだから。


対応早いけどおっちょこちょいだよデノン。 [DENON DCD-CX3]

夜、帰宅すると30cm四方の板状のモノが届いていた。
しかもかなり重い。差出人はデノンとある。
・・・あー、コレはDCD-CX3を買った店でオマケとしてつけてくれた
御影石のオーディオボードだな。
こっちの発送はちょっと遅れます、とか言ってた割に早いなあ。
早速箱(といってもダンボールが巻きつけてあるだけ)から出してみると、
クッション材に包まれた板が出現。その上に「桜」と書いてある。
・・・桜?
クッション材の端から中身を確認すると、白っぽい中に黒やピンクの粒が
まだらに入った、よく石灯籠なんかに使われていそうな石の模様が。

店「ボードは黒、白、ピンクの3色あるんですが、何色にします?」
鮭「あ、じゃあ黒でお願いします」


黒じゃないじゃん!
とはいえ、まあどうせオマケだし、これでもいいかなあ・・・とも
思わなくはないんだけど、一応は問い合わせてみるか。


素晴らしく対応速過ぎだよデノン。 [DENON DCD-CX3]

実は先日の日曜、某店で試聴会があると言うのでのこのこ出かけ、その極めて
シンプルなパネルデザインと、ヲレ的に苦手だったデノン特有の重心の低さや
低域のしつこさが感じられない音作り、そしてなにより30cm四方のサイズなのに
驚くほど重くしっかりした筐体がえらく気に入ってしまい、結局勢いにまかせて
デノンの新型SACDプレイヤーDCD-CX3』を予約してしまった。
その時は
「一応15日発売予定なので、早くて木曜かそれ以降のお届けですねー」
なんていう話だったので、ああそれなら火曜水曜で置き場所確保すりゃいいか、
そういや折角だからと発注したSACDソフトも今日届くなあ、ちょい早かったか、
などと気楽に構えていたら、なんとプレイヤーまでもが今日到着してしまった。
ギャー、まだ何の準備もしてないってのにー!
仕方がないので大慌てで既存プレイヤー『CD5001』を片付け、セッティング開始。
上はHD650。
・・・重い。試聴会で実際に持ち上げて判ってはいたけど、重い。
でもやっぱり作りはいいなあ。リアパネルにも「MADE IN JAPAN」の静かな主張が。
そしてこのサイズ。手狭にも程があるヲレの自室には、やっぱりフルサイズの
プレイヤーは厳しいとCD5001でも痛感していたので、待ってました!という感じ。
音は・・・しばらくエージングしてみてからだね。
ちょうどHD650もエージング必要だし、しばらくこのセットで鳴らすとしよう。

しかし・・・DCD-CX3にHD650、そして手持ちのヘッドホンアンプがレーマンBCL。
これって、こないだ発売された『オーディオベーシック』の特集記事そのままの
構成なんだよなあ。流石にEdition9はないけど。

今日の届き物。

続きを読む


DENON DCD-CX3 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。